『男性型脱毛症の診療ガイドライン』2010年度版

男性型脱毛症の診療ガイドライン

日本皮膚科学会は2010年4月 『男性型脱毛症の診療ガイドライン』を発表しました。
この発表の大きな目的の一つは「科学的根拠に乏しいと思われる育毛剤」また科学的根拠が乏しい「育毛サロン」が社会的問題を起こしている事への解決の一つの目安としてだと思われます。

育毛・脱毛に関しては金銭トラブルや健康被害が多発しているのですが、恥ずかしさや後ろめたさの感情が根底にあるために、なかなか表にでてこないトラブルの解決策の指標の一つになることが大きな目的の一つと思われます。

さらにこのガイドラインは医薬品メーカーやクリニツク、ヘアサロンに不透明だった業界イメージを払拭する効果をもたらしていると思われます。

このガイドラインの大きな特徴は、医学的観点から5段階の評価に分類して述べている事です。
客観的は研究論文が考慮されて、段階の推奨度に分けられています。 発毛に関して科学的根拠に基づいて精密に分析した結果となっています。

AGA(男性型脱毛)の治療を5段階に分類

現在、この男性型脱毛症(AGA)診療ガイドラインは治療の指針として基準となり多くの病院で参考にされています。 さらには患者さん自身もAGAの治療法を選ぶときの参考にできる内容となっています。 数年に一度改定版がでています。

「ガイドライン」に制定されている治療方法のなかで一番の推奨が、Aランクに分類されている治療方法となります。 Aランクの治療はは「行うよう強く勧められる」もので、医学的な研究の結果として多くの病院やクリニックなどでも積極的に使用されている診療方法です。

このAランクの診療方法としては「フィナステリド内服」があります。

商品名はプロペシアが一番有名です。

フィナステリドは薄毛に対する効果や副作用までを含めて検討した結果、男性のAGA患者に対する推奨度がAランクと判定されています。 別の治療としては、「ミノキシジル外用」による薄毛治療もガイドラインではAランクとなっています。

このAランクより推奨度がランク下になるのがBランクとなります。

「行うよう勧められる」という治療法になります。 Aランクには劣りますが、一定の信頼度があります。 このBランクに分類されている診療方法としては「自毛植毛」があります。 人口植毛は該当しません。 ご注意ください。  自分の毛を使用するため免疫反応の面からも安全が高いです。 直接自毛を植えつけるため、薄毛に対する効果も高いものとなります。
これらAランクやBランクはAGAの治療効果が比較的高く、数々の実験の結果安全性も担保されていると評価されています。