AGAの原因とは?

そもそもAGAを引き起こしうる原因は分かっているのでしょうか?
AGAの主な原因としては、ホルモンの働きによるものが大きな原因であることはわかっています。さらに生活習慣によって増悪する可能性もかなりあると思います。遺伝もある程度関与していますが、母方の遺伝のちからが相当に強いのは間違いないようです。

ホルモンの働きとしては、強力な男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」が関係します。DHTと略されている事が多いです。
「ジヒドロテストステロン」は、元の男性ホルモン「テストステロン」と体内の酵素「5αリダクターゼ」(5アルファ)が結合してできる物質です。
「ジヒドロテストステロン」は体毛やヒゲに対しては濃くしたり太くしたりする作用がありますが、女性ホルモンの働きが強い髪の毛に対しては、ヘアサイクルを乱したり髪を抜けやすくしたりする作用があるようです。

悪玉テストステロンとも言われています。

生活習慣によるものは基本的に動脈硬化が主因ですが、結果ヘアサイクルを乱す原因になっているようです。

すべての病気に当てはまりますが、ストレスはともかく良くないです。 避けられるなら当然避けたほうが良いのはだれでも知っています。
でも仕事が絡んだり、人間関係の問題などは避けられないものが多いです。

結果どうしようもない場合が多いのが現実です。 ちょっと悔しいですが・・・

できることは睡眠時間の確保。 というか、なるべく早く就寝した方が成長ホルモンがたくさん分泌地される可能が高くなります。 スマホを見るのも早めいやめた方たよい、という結果もあります。
あきらかな食生活の乱れは避けれるとできればベター・・・という事になります。

遺伝によるものに関しては、特に母方の祖父の遺伝子が関係すると言われています。 なぜなら薄毛の遺伝子は女性側が持つX染色体に存在するものがあり、そのX染色体を遺伝させた父側の遺伝子が影響していると考えられているからです。 (男性はXYで女性はXXです、すべてが遺伝ではありません)

このようにAGAの原因には様々なものがあるのですが、遺伝はどうしようもない事ですので、できる事で努力するようにした方がよいですね・・・
自分のAGAのタイプをしっかりと診断することは、適切な治療法を選ぶうえで重要な事になります。

ただ、、治療の方法はあまりかわりませんので、金額が高い場合はあえて診断にお金をつぎ込むのはすこしもったいない、というのがサイト作成者の考えです。